将来的にこちらのWikiは廃止にしたいので新Wikiへの移行をお願いします。
トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

序盤の進め方

この項目は、あくまでものすごい初心者で、人にやり方聞いたほうがいいという人向けです。
本当に基礎的事項および序盤のことしか書いていないので見なくてもかまいません。


メンバーの特徴をつかむ

このゲームは多くのユニットが登場します。一度に使うことができる数ならアリス1多い[1]ゲームです。
  ですが、みんながみんな同じ性能というわけではありません。それぞれ個性があります。

例えば、リックは総合的に強いが魔法には弱い、アリエッタは防御性能が良いが攻撃はイマイチ、
 ミュラは安定した能力を持っているが決め手にかけるといった感じです。
  それぞれの特徴をつかんでうまく配置するようにしましょう。
  メンバーが増えたときに、どういうユニットかすぐに思い浮かばないときは面倒でも性能をチェックするようにするといいでしょう。

 キャラの特徴の目安

大きく分けると次のようにキャラを分けることが出来ます。

  • 普通:普通のユニットです。大体のユニットがこれに大別されます。
  • 格闘や忍者:クリティカル、再行動、移動、命中、回避のいずれかが優秀です。攻撃はそれほど強くはないです。
  • 防御:反撃や守りに特化しています。回復がよいキャラもいます。
  • 長距離:まんまです。射程が長いです。反撃や拡大、再行動がないキャラがほとんどです。
     命中も低めのキャラが多いです。
  • 魔法:魔法が使えます。射程が3以上あるのが特徴です。ほとんどのキャラが抵抗が高いです。
     大体のキャラは効果拡大が高めです。かわりに再行動やふっとばしがないです

もちろん、これはあくまで例ですが、これを頭に入れてキャラを選択するだけでもずいぶん変わるかと思います。

攻撃の強さの目安は、12が普通、11以下だと弱い、14以上だと強いというイメージでしょう。
  魔法の場合は、射程の恩恵上1〜2少なめになっています。
  守りはLv*4以上だと硬い、Lv*2以下だと軟らかいというイメージです。
  コストは3で普通、2だと軽い、4は重めでそれ以上となると鈍重といった感じかと

アイテムとお金

 お金

よくある質問で、お金はどうやればたまるのか?という質問があります。回答としては

  • 金が出たらすぐとりにいくようにする。
  • いらないアイテムは捨てる
  • むやみやたらに縮小しない

ということに尽きます。

アイテムを捨てるのがもったいないと思うかもしれませんが、
 たとえば1%のアイテムだと100LvUpで1Lv分増えるという少ない上昇量です。
 装備しててもメリットがほとんどないので思い切って捨てましょう。
 後のアイテムの使い道も参考にしてみてください。

アイテムの縮小ですが、アイテムは無理して縮小させて装備しなくても窟とキャラのLvが等しければそこそこ何とかなります。
  無理して縮小して金欠になるよりはLvを上げた方が良いでしょう。

 アイテムの使い道

防御アップアイテムは、例えば20%のアイテムを装備してもアリエッタでさえ7.2/1Lvという数値です。これより強い敵はかなりいます
  防御アップアイテムはLv*5以上の硬いキャラにのみまとめて付けて、使わないなら遠慮なく捨ててもかまいません。それでも、使いどころは基本的に別次元面の囮ぐらいでしょう。

クリティカルは大きさの割りに効果を実感できないのでそのスペースを他のアイテム装備させたほうがいいでしょう。等レベルで防御3以下の敵に対してだと悪魔(or犬)よりダメージの期待値が低く、猿(or玉)との比較だともはや期待値では上回れません。

ジッポは別次元面攻略で使うアイテムです。普通のときに使っても無駄になるだけです。消耗品なだけあって、効果は絶大です。
 体力が倍になることとほとんど等価ですので主力につけましょう。

命中は最初は気にならないですが、だんだん進むと回避の高い敵が登場し、
 1桁の命中だと避けられるようなことがたた発生します
  地味に痛いのでもじゃ人形を1個付けておくだけでずいぶん違うと思います

移動と射程の強化ですが、プレイしてみるとわかりますがこのゲームは1の差でも大きな差です。
  移動の2と3や3と4、射程の1と2、2と3、4と5は特に差を感じるはずです
 スペースが余っているなら装備するとかなり使いやすいキャラクターになります。

看護婦は、恒常的に出し続ける必要が無ければ捨ててもかまいません。アイテムスペースを圧迫するので戦闘員にはつけないほうがいいからです。

拡大、再行動、吹っ飛ばし上昇は、集中して装備させればキャラクターの目的が明確になります

穴と茸の処理

メンバーとアイテムが揃うまでは、できるだけ発生したらすぐに処理するようにしてください。
  右からひとつ進めたところだと移動3のキッズで2ターンで処理できます。
  2撃とか3撃かかるのが普通だと敵が集中して出てきたときにまわせなくなります。
 速さを競うゲームではないのですから、ゆっくり対処していけば余裕ができるはずです。

キャラクターの起用

はじめたばかりのときは、全員出撃させるつもりでやればいいですが、だんだん進めていくと面倒になる上経験値がより多く必要になります。
  10人前後のスタメンで普通にまわせるようになれば初心者卒業&序盤突破です。
別に多くてもかまいませんが、時間がかかるのであまりお勧めしません。
  逆に、少ない場合は、主力キャラが別次元面などで不在の際に戦線を保持するのが大変なので、6人だけレベルを上げるというのも考え物です。
  一応、風で1ターン撤退しないキャラが複数人いれば、そのキャラ達をMAP中央に毎ターン展開する事で敵の侵攻を止める事はできます。
  が、その場合、主力部隊が別次元面に飛び込むまでの支援が無くなるため、やはり主力6人+支援部隊4人程度は欲しい所。
多くても総勢15人は越えないようにした方が良いでしょう。
  キャラ愛があっても15人以上のレベルを維持するのはとても大変です。
 

意外とありがちなのですが、うまくローテーションが組めてない場合、強いやつを片っ端から出すのはお勧めしません
 例えば窟とキャラLvが等しい場合、鳳姉妹リック黒崎社長ライセンと出したらもう出せるキャラがコスト3以下の1人分しかありません。
 序盤では鳳姉妹でも倒し損ねる場合がある[2]ので、敵が一気に出たら対処できません
 さらには主力が全員休んでいたら凌ぐのも辛いです
 先のことも考えてキャラを出撃させましょう

ママトトやキャラを守る手段として囮を使う手段があります
  敵の攻撃アルゴリズムは、基本は

  • ママトトの心臓に移動できるなら移動
  • キッズがいるなら移動して攻撃できるならキッズに攻撃、攻撃できない場合できるだけ近づいて近くのキャラに攻撃
  • 移動しなくて攻撃できる場合、一番体力が低いキャラから攻撃する
  • 移動しないと攻撃できない場合、最短距離のキャラを攻撃しようとする
     

という優先度なので,体力の低いキャラをわざと出してメインを守るという手段が取れるわけです。
 これは別次元面攻略にも有効なので覚えておくといいでしょう。

 オススメキャラ

序盤役に立つキャラクターは

  • リック:硬い上に攻撃が非常に高く再行動も高い。
  • アリエッタ:攻撃は弱いが、反撃で手数が意外と多くなる。
  • ライセン:守りは普通だが、移動が4あり攻撃が高い。

追加パッチあてた場合、さらに

  • 鳳姉妹:コストがでかいのであまり出す機会がないが文句なしに強い。
  • 黒崎社長:魔法使いではトップクラスの能力。守りが弱い。
  • 麻美:硬くないことを除けば非常に性能がいい。
  • ファーファ:抵抗以外の性能がよく、移動が4ある。

イデヨンで出たら便利なキャラは

  • ランス:攻撃、体力、回復が高いうえに素質が低い。
     それでいてコスト3というものすごい性能
  • シグルーン:硬いです。反撃は低いですが、壁としては十分な性能です
  • レイラ:非常にバランスがよく、特に弱点はありません
  • ポロン:攻撃は弱いですが、防御がいいのとクリティカル&再行動が高いので攻撃数値以上の働きが出来ます
  • アズライト:攻撃が非常に強いです
  • 悪司:アイテムがそろってくると強いですが、少なくてもかなり強いキャラです
  • :攻撃は弱いですが、射程6は序盤には魅力的です
  • アンリ:魔法系としてトップクラスの性能を持っています

別次元面のオススメは攻略参照

最後に

このゲームはひたすら進めるだけというシンプルなものです
  辛いと感じたら、無理して進まずじっくり面子を整えるようにしましょう
 プレイヤーの数だけプレイスタイルに個性を出せるゲームですのでぜひ自分だけの最強チームで進んでみてください

[攻略]