ルシアン・カレット

概要

加入イベント
  • 01章「解放して束縛」終了時に仲間になる。
ステータス
職業 コスト 体力 回避 受流 装甲 魔抵 ねばり 破壊値 クリティカル 素早さ 装備枠
ヒーラー80 35 25 10 20 15 55 9-12 0 4 3 7 2 5
必要熟練ポイント
体力 回避 受流 魔抵 ねばり 攻撃力 クリティカル 素早さ
100(7位)350(8位)460(16位)1700(6位)260(6位)150(20位)2200(最下位)440(8位)
装備
  • スリングステッキ(武器補正2) → スーパーホーク(武器補正16)
  • ペルエレの服
その他戦闘能力
  • 攻撃時の[強撃]率 0%
  • [再行動]発生率 4%
  • 物理攻撃ダメージを軽減する[バリア]を使える。消費発動ゲージ4
必殺技(特殊技)
  • ヒーリング
    • 射程6(単体)、最大HPの80%回復、消費発動ゲージ0、使用回数4
成長ボーナス
  • 1段階ごとに必殺技の使用回数+1

育成

  • 初回、ノーマルモード

前衛で挑発しながら突っ立ってるパットンをひたすら回復するのが仕事
攻撃も回復も超射程で滅多に攻撃を食らわないので、「まんが肉」の1つでも持たせれば防御面は十分である。

基本的にヒーリングが尽きる前にパットンが死ぬor戦況が落ち着くので、無理して熟練度ボーナスを取る必要はない。
撃ち漏らしや後衛を即座に処理出来るよう、攻撃力にひたすらつぎ込むと良い。
残る4枠のアイテム欄は余った「ドラ猫の鈴」等を持たせると良いだろう。

  • 2倍モード以降

初期クリティカル量が0なので対騎士は苦手なままであるが、
後衛を狙い撃ちする狙撃手として活躍出来る。
他キャラより狙われる傾向を逆手に取り、ねばりを優先的に上げたり「ブロブロブロッサム」を複数持たせる事でボス戦でも長時間耐える天然の盾として運用しても良いだろう。

難度が上がるほど、体力回復の意味が薄れ敵の装甲が上がりダメージを与えにくくなるため
残念ながら影が薄くなる。
遠距離攻撃でボス戦で使えるよう、愛を持って育てたいところ。

備考

  • 今作のメインヒロイン。
  • 変身解除後からランスモードを進めることによってまた違ったHシーンになる。
  • 回復は単体だが、回復量と使用回数もその分多いために使いやすい。また、射程の長さを活かしての狙撃要員としても非常に優秀。
  • 後衛にしては高い「ねばり」の初期値を持つのはイベントでも取り上げられてる根性のためか
  • 実は体力がかなり高く、最終的にはロレックスやチルディを超えて戦姫と同程度まで成長する。育て方にとっては最前線で粘りながら敵後衛を殴るど根性姫と化すことも。

固有イベント

BAD END(14章「帝都」にて、シーラ撃破状態でクリアする)

コメント

名無しさん, 2014/05/13 17:00

11章、ルシアン4段階まで終わっている段階で「看病」シナリオがあり電卓キューブへ。 ゲームオーバー条件はおそらくランスの体力が半分以下になること(未検証 クリアで武器がスーパーホークに変わります

名無しさん, 2014/05/26 07:58

シーラのBADがどうしても見られない…、だれかうまくシーラに敵を引き付ける方法を教えてください

名無しさん, 2014/05/26 14:45

戦闘開始時、右上にいる魔法使いをピッテンで挑発して隣にシーラを置いておくと、魔法攻撃を2人に撃ってくるので後はシーラ撃破までターン重ねればOKです

ただし必ずシーラを巻き込むとは限らないので、巻き込み範囲にシーラ以外のユニットを置かないorシーラを巻き込んだ状態で1番多くのユニットに攻撃できるように置くとグッドです

あとは魔法使いを逃さないように、戦闘開始すぐに右側に配置されたユニットで魔法使いを槍兵ごと囲んでしまいましょう

残ったユニットで騎士達を倒してしまえばシーラが撃破されるまで待ち続けることができます

名無しさん, 2014/06/07 16:07

敵は左端と右端に逃げようとするので、 左の端に置いて壁を作ると、優先的に攻撃してくれ すぐ死にます。

注意点は、殺されるとそこから突破されるので、後ろに もう一枚壁役を置いて、脱出されないようにすること。

名無しさん, 2014/07/26 15:57

敵の四方を囲んで その四方がファイターやガードとシーラであるとシーラ(ヒーラー)を狙うのでシーラが倒れるまでひたすら打たれる。 ど根性姫なのでなかなか倒れてくれない

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
Y M J N F
 
ランス9_ヘルマン革命/ルシアン・カレット.txt · 最終更新: 2020/01/08 00:16 by 220.219.20.12

アリスまとめ 2003-2018